交通事故時の対応と施術の流れ

交通事故を起こした時は、運転者はただちに車両の運転を停止すること、負傷者を救護すること、道路における危険を防止すること、事故の発生した日時、場所、負傷者数や程度などを警察官に報告することが義務づけられています(道路交通法第72条)

 

 

 必ず、警察に連絡を入れ決してその場で示談しないで下さい。低速度の衝撃でも不意の衝撃で、ムチ打ちなどの症状が出現することがあります。(事故直後は興奮状態なのでただちに痛みが出ず、数時間後~翌日に出現することがあります。)

 

事故の相手と住所、名前、連絡先、会社名を確認・交換し出来れば運転免許証などで確認しましょう。

 

前もって携帯電話に保険会社や代理店の番号を入力しておくと、いざという時に慌てずにすむでしょう。

この後、レッカーの手配などいくつかが考えられますが、それも保険会社の担当者が行ってくれるます。

 

 人身事故の場合、警察へ提出する診断書が必要です。当院でも県内の事故の場合可能ですが、出来れば画像診断など保険会社が求めることもありまた、シビレや神経症状が出現している場合、医師の診断をお勧めします。出来ればレントゲンだけでなく、軟部組織(筋、神経、脊髄など)が撮影できるCTやMRIなどが在る施設が良いでしょう。

※診断書も不要なケースもありますので、保険会社にお問い合わせしてみて下さい。

 

 (※かかりつけの医療機関がない場合は当院でご紹介も可能です。)

 

また、医療機関から当院へ転医の場合は保険会社に連絡をして下さい。保険会社の了解があれば医療機関との併用も可能です。単独事故ご自身が加害者に成られケガを負われた場合でも施術はできます。(第三者行為によるケガで健康保険を使用する場合、保険者へ申告が必要な場合もありますので、加入保険の保険者にご確認をお願い致します。)

 

 保険会社から当院に患者さまの連絡が入り施術を行います。(施術後でも可)

当院では患者まさの症状にあった施術(高電圧治療機器・微弱電流、患部の固定、温熱療法、手技療法・マッサージやストレッチ、運動療法など)を行います。これらの治療は単独で行われるよりも複合的に行われた方が効果的と言われています。

 *鍼治療の関してはご相談の上施術になります。

 

 

 ムチ打ち損傷関連の障害における病理所見は、目に見て示すのは困難な病態であり、一般的に機能的な病態(疼痛、固有感覚の変性、神経筋機能障害、姿勢変化)が現れます。

 

ムチ打ち損傷だけでも局所症状型、神経根型、脊髄症状型、脳幹・自律神経型など様々なタイプがあります。

また、治療期間も無期限では有りませんのでなるべく早期からの施術でしっかり対処して行く事をお勧めいたします。当院では交通事故の患者様は時間外の対応も可能です。

 

もし、疑問・質問等あれば、当院にご連絡をお願い致します。

 

 

   ☎0279-25-8786